2017年04月13日

俳句と諧謔味(かいぎゃくみ)

簡単に言えば重いテーマを軽く語るというのが
芭蕉の言う「軽(かろ)み」であろう。

例えば

秋深き隣は何をする人ぞ

秋が深まり、山野が寂しい風情になってくると、
隣の物音も気になる。
今何しているのだろうかと人恋しい気持ちにもなる。

筆者は芭蕉が隣人の職業を気にしているというよりも、
親しい隣人が何をしているのだろうかと
気遣っているように句意を読み取りたい。
平明な用語で全く気取っていない。
「俳諧は3尺(さんせき)の童にさせよ」と芭蕉は述べているが、
まさにその言葉を地で行っている。

この「軽み」をさらに推し進めると「諧謔味」になることが多い。

一茶は

春雨や食はれ残りの鴨(かも)が鳴く

と詠んだ。
今は鴨が池にあふれているが、
昔は見つければ捕って食べていたと考えられる。
運良く食べられなかった鴨が春雨の中で鳴いている風景を詠んだが、
みそは「食われ残り」。
なかなか言える言葉ではない。

筆者もユーモアのある句は好きだ。
玄関開けて「受かったよ」と大声を上げた子供がずっこけた。

合格子(ごうかくし)上がり框(かまち)でずつこける   杉の子

雑草の中で高さ20〜30センチくらいのスカンポが
ニョキニョキと立ち上がっているのが面白いと感じて

すかんぽのぽつぽつぽつの余生かな   杉の子
posted by 蕪村顕彰俳句大学 at 00:00| Comment(0) | 俳壇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。