2017年04月19日

知らぬ間に楚楚(そそ)と咲く

臘梅(ろうばい)は知らぬ間に咲くならひかな    毎日俳壇入選

早春、我が家の庭に咲く花は臘梅。
だそして暫くたつとまんさくの花へと続く。
この臘梅のおかしいのはいつももう咲いている頃かと思って、
見に行って初めて咲いたと分かることだ。
桜のように待たれることもなく、
独りで楚楚と咲くのだ。
それだけ目につかない花なのだろう。
春先になにも彩りがない庭で咲く花は貴重だ。
それも臘梅は黄色で名前の通り、
ろうのように透きとおっていて宝石のようにきらめく。
 
春先に咲く花が黄色いのはなぜだろうか。
これは虫が花粉を運んで受粉させる虫媒のシステムに原因があるようだ。
早春にいち早く活動を始める昆虫にはアブやハエの仲間が多いのだが、
これらの虫は黄色い色に敏感だといわれている。
そういえば、まんさくがかすかながら魚の腐ったような臭いがするのも、
ハエを引きつけるためなのだろう。

臘梅に薄日のありて無口なる   杉の子
posted by 蕪村顕彰俳句大学 at 00:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。