2017年06月08日

鳰(にお)の浮巣

鳰の消え浮き名の一つ残りけり   杉の子

鳰(カイツブリ)が水中に消えて本当は水輪が残るのだが、
それにかけて浮き名とした。
鳰は冬の季語。
どこの公園にでもいるあの可愛いやつである。
鳩よりやや小さく、
水中に巧みに潜って魚を獲(と)る。
水中の写真が撮れたが、
水面ではずんぐりしているのに、
水中ではまるで矢だ。
細長く体を伸ばして一直線に進む。
フィリリリなどと鳴く声は美しい。

芭蕉は

五月雨に鳰の浮巣を見にゆかん

と詠んだが、
「見に行かん」と言ってもこの場合江戸にいて、
琵琶湖の浮巣を見に行くというのだから風流も極まれりだ。
もっともこの時は別に用事があってのことで、
まあ「さて近江にいくか」くらいのきもちであろう。
 
そのかわいらしい鳰が、
ある朝泉の森に行くと張ってある網に引っかかって、
がんじがらめになり、
断末魔の表情でもがいていた。
余りのむごさに公園の係員に言って外させたが、
一晩中もがいていたと見えてぐったりとなっていた。
網は魚類調査のものだというが、
池は鳰がしょっちゅう潜っている。
そこに思いが行かなかった管理者は無能としか言いようがない。
posted by 蕪村顕彰俳句大学 at 00:00| Comment(0) | 俳壇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: